家を買うまでの流れと手順!戸建てはどこでどうやって購入するの?

マイホームを建てるまでの流れと手順を紹介します!

主人とマイホームの計画を立てていて、毎日ルンルンな私です(^o^)♡

同棲しているときから賃貸マンションに住んでいるんですけど、そのマンションも今年で4年目!

そろそろマイホームを建てたいねって話していて、戸建ての買い方や住宅ローンについて調べています。

そこで今日は、私なりに調べた戸建ての買い方や住宅ローンの組み方、戸建てを建てるときのハウスメーカーの探し方などを紹介したいと思います(^^)/

少しでも参考になったら嬉しいです♪

家を買う人の年齢や年収ってどのくらいなの?

私と主人は今年28歳になります。

ちなみに、我が家の年収は二人合わせて600万円もありません(;^ω^)

30歳までに家を建てたいねって話していたのでなんとか叶いそうなんですが、世間の人は何歳でいくらくらいの年収で家を建ててるのかな~って気になったので調べてみました!

何歳くらいで家を建てているの?

住宅ローンの金額や返済年数によって、家を建てる年齢に差がありました。

頭金を多く払って住宅ローンの金額や返済年数を少なくしている人は、30歳を過ぎて貯金がある程度貯まってから建てているみたいです。

そして、我が家みたいに借入金額や返済年数が長い人は、25歳~30歳で建てている人が多かったです。

頭金が少ない分借りる金額が多いので、毎月の負担を減らすために30~35年の長期ローンを組んでいる人がほとんどでした!

頭金が多ければ多いほど借りる金額を減らすことができるので、貯金はやっぱり大事だなって思いました(T_T)

年収っていくらくらい?

年収は300万円台の人から1000万円を超える高所得者の人までいました!

住宅ローンで借りる金額は年収の5倍以内に収めるのが理想らしく、年収によってマイホームを建てるときの予算が変わるみたいです。

年収の5倍以内ってことは、我が家であれば3000万円、年収300万円台の人は1500万円、年収1000万円の人は5000万円ってことになりますね。

年収が300万円台だとしても、返済期間を長くすれば無理なく返済していけるんじゃないかなって思います。

ただし、住宅ローンは人生最大の借金でもあるので、借入金額や返済年数はしっかりと考えないといけないですね。

注文住宅と建売住宅はどっちがいい?

マイホームを建てようと決めたとき、最初に悩むのが「注文住宅」にするか「建売(たてうり)住宅」にするかだと思います。

我が家もかなり悩みました(^▽^;)

注文住宅と建売住宅にはそれぞれに特徴とメリット・デメリットがあったので、簡単に説明したいと思います♪

注文住宅の特徴

注文住宅は、家の外観や間取り・内装を自分たちで決めてイチから家を建てる方法です。

「フルオーダー」と「セミオーダー」の2種類があります。

フルオーダーは、家の内装や外観に使う木材など細かい部分も全部自分たちで決めます。

一方で、セミオーダーは大体の構造が決まっていて、外観の色やキッチン、トイレなど細かい部分だけを決めます。

お金と時間をかけて、こだわったマイホームを建てたいという人におすすめの建て方です(^^)/

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリットは自分たちの理想を形にすることができる点だと思います。

自分たちの意見を優先してもらえるので、妥協せずに最高の家を建てることができちゃいます♪

それから、注文住宅はハウスメーカーや工務店も自分たちで選ぶことができます。

評判の良い業者さんに質の良い家を建ててもらえば、何十年経っても資産価値が下がりにくい家ができるんじゃないかなと思っています。

 

次に注文住宅のデメリットですが、お金と時間がかかることだと思います。

家の外観や内装まで自分たちで決めて家を建てるので、ハウスメーカー・工務店を決めて家の構造を話し合って・・・というだけで1カ月以上かかることも珍しくないそうです。

そこから実際に家を建てて・・・となるわけなので、数か月は見ておかないといけません><

さらに、外観や内装にこだわるということは、それに比例して費用もかかるということになります。

家を建てる前に見積書を渡されますが、場合によってはそれ以上の費用がかかることもあるそうです。

建売住宅の特徴

建売住宅の特徴は、土地付きの家を買うところです。

注文住宅は土地を買って家を建てますが、建売住宅はすでに家が建てられています。

なので建設業者やハウスメーカーと建物の設計について話し合うことはありません。

建設途中の建売住宅を買うこともできますが、使う素材や外観を変更することはできません。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリットは、注文住宅に比べて価格が割安なところと、手続きが完了したらすぐに引っ越せるところだと思います。

まず、建売住宅は注文住宅よりも全体的に価格が安いです。

注文住宅は見積もり以上に費用がかかってしまうことが多いみたいですが、建売住宅は価格が決まっているので予算オーバーする心配がありません^^

それから、建売住宅は家を購入した時点ですでに建設が終わっていることが多いので、すぐに引っ越すことができます(^^)/

 

次に建売住宅のデメリットですが、自分の目で家の品質を確かめることができない点だと思います。

建設途中の現場や使っている木材や素材を見ることができないので(>_<)

建売住宅を購入した人の中には、家を買ったあとに水漏れや外壁や内装の傷が分かって修理をしてもらったというケースがありました。

こればっかりは買ってみないと分からないですね(^▽^;)

家を買うまでの流れって?

家を買うまでの流れって知ってますか?

私は全然知りませんでした(笑)

ここでは、家を買うまでの流れについてお話しします♪

注文住宅を買うまでの流れ

注文住宅の家を建てる場合は、まず初めに建築条件有りの土地を買うか無しの土地を買うかを決めないといけません。

建築条件とは、建物を建てる施工会社を自分たちで決めるか、あらかじめ指定された会社に建ててもらうかどうかの違いです。

建築条件有りの土地を買った場合、自分たちの希望する施工会社や工務店には依頼することができません。

 

建築条件のありなしが決まったら、次は物件や土地の情報収集をして担当の不動産会社や建築会社に問い合わせをします。

そして、担当の人と話し合って物件を絞り込んだら、重要事項の説明を聞いて購入の申し込みをします。

申し込みの時点で売買契約を結ぶことになります。

さらに住宅ローンの申し込みや入居説明、内覧チェック、残金決済を行って、やっと家を建てることができます!

注文住宅は建売住宅に比べて時間がかかるみたいなので、最低でも3か月程度は見ておいた方が良いかもしれません。

建売住宅を買うまでの流れ

建売住宅を買う場合は、まず建売住宅を管理している不動産会社に問い合わせをします。

すると担当の人から詳しい話を聞くことができるので、説明を聞いたり実際に物件を見に行って購入するかどうかを決めます。

あとは注文住宅を買うまでの流れと一緒です。

建売住宅は売買契約や住宅ローンの審査に通って必要な手続きが終わればすぐに入居できるので、1カ月以内に引っ

越しができる物件が多いそうです♪

工務店やハウスメーカー選びに困ったら

注文住宅で建築条件なしの土地を買った場合、ハウスメーカーや工務店を自分たちで決めることができます♪

せっかく自分たちで決めるなら信頼できて実績のある業者に依頼したいですよね。

そこでおすすめなのが、工務店やハウスメーカーの資料請求が一括でできる「持ち家計画」というサイトです!(^^)

https://lp.mochiie.com/promo/house/?prom_code=bmcaw00000000015

 

最近かなりお世話になっているサイトです。

ハウスメーカーや工務店の資料を無料で一括請求できるので本当に助かっています♡

どこのハウスメーカーや工務店を選んだらいいかわからないと言う人にはおすすめですよ!

まだどんな家を建てるか具体的に決まっていなくても、必要事項を記入するだけでハウスメーカーや工務店の資料を請求することができます、

資料請求をする前に気になる会社の詳細を見ることができるので、業者を絞り込みやすいのも持ち家計画の良いところだと思います(^^)

実際に持ち家計画で資料請求をして、その中からハウスメーカーや工務店を決めたという人も多くいました^^

我が家にもすでに資料が届いているので、毎日主人と相談しながらどのハウスメーカーに依頼するか悩んでいます。

嬉しい悩みです♡

あ~幸せ(*´д`*)♡←

住宅ローン選びは慎重に!

住宅ローンを組んで家を購入する人がほとんどだと思いますが、住宅ローンは銀行によって金利や諸費用が全然違います。

何も知らずに進められるがままに契約をしてしまうと、高い金利を支払うことになっちゃいます(T_T)

例えば、1年間の金利が2%の銀行から2千万円の住宅ローンを返済期間30年で借りたとします。

すると、毎年かかる金利は単純計算で1年あたり約40万円になります。

ということは、30年で支払う金利だけで1千万円を超えることに・・・( ゚Д゚)

あくまでも例えばの話なので金額は適当ですが、金利がどれだけ支払総額に影響するのかがよくわかります。

銀行を一括で比較!おすすめサイト

家を建てるにあたって、主人と一緒に銀行を何件か回って話を聞いてみたんですけど・・・。

まあ話の難しいことで。笑

回った銀行の話を全部覚えておくなんてできないし、家に帰って自分たちで比較するのって本当に難しいんですよね(T_T)

そこで最近家を建てた友達に相談をしてみたところ、銀行の住宅ローンが一括見積もりできるサイトを教えてくれました!

「住宅本舗」っていうサイトなんですけど、とっても便利でした(^^)/

こちらですね▼▼
住宅ローン審査なら【住宅本舗】

 

住宅本舗では、金利や事務手数料の他に、諸費用や保障内容まで含めた支払総額を無料で比較することができます^^

比較できる銀行は全部で約60社あって、その中から最大6銀行まで一括で申し込みができちゃうんです♪

地元の地方銀行や都市銀行も含まれているので、銀行に行かなくても金利や事務手数料が分かります。

最初からこのサイトを知ってたら、わざわざ銀行に何件も回らなくてよかったのに・・・(T_T)笑

6銀行をまとめて比較することができるので、「金利は〇〇銀行が安いけど支払総額を見ると〇〇銀行の方が安い」というのが簡単に分かります♪

さらに、住宅本舗では比較を検討している銀行の仮審査に一括で申し込むことができます。

住宅ローンはローンの中でも審査がとっても厳しいみたいなので、いくつかの銀行に同時に審査を申し込んだほうが良いそうです。

わざわざひとつひとつの銀行に個別に申し込む必要がないので楽ちんですね(^o^)

我が家は、住宅本舗から選んだ銀行に仮審査を申し込んで審査結果待ちの状態です♪

ドキドキ・・・(/ω\)

住宅ローン

ステキなマイホームを♡

念願のマイホーム♡

でも、こうやって見てみるとやることってたくさんありますね(>_<)

我が家も資料請求をしたり住宅ローンの仮審査に申し込んだり着々と進めてはいますが、たまに「めんどくさーい!」ってなります。笑

マイホームは人生の中で一番大きなお買い物になると思うので、妥協せずに素敵なマイホームを建てられるようにお互い頑張りましょうね♪(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です